独学で簿記2級合格をめざすあなたを応援!

簿記検定の基準

簿記検定の各級は次のような基準で

区分されており、その求められる能力を

示しています。


【1級 】
大学程度の商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を習得している。
財務諸表規則・企業会計に関する法規を理解し、経営分析や経営管理ができる。


【2級 】
商企業および工企業における経理担当者および経理事務員として必要な高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)に関する知識を習得している。
財務諸表を読むことができ、企業の経営状況を把握することができる。


【3級 】
個人企業における経理担当者または経理補助者として
必要な商業簿記に関する知識を習得している。


【4級 】
商業簿記の入門的知識を習得している。
勘定科目による仕訳をすることができる。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする